フォルクスワーゲン社
 今回、14年ぶりにフォルクスワーゲンの車を買って驚いたことがいくつかあった。

一番はアフターフォローのブランディング。社長からの購入お礼メッセージや車体番号が入った整備のためのユーザーズカード、ブランドブック、整備ノート、カーマガジンなど、山ほど送ってきた。「フォルクワーゲンはこんなにいいブランドです」「あなたの選んだ車はこんなにすばらしいんですよ」というメッセージだ。90年に初めてジェッタを買った時も95年にヴェントを買った時もこんなことはなかった。もちろん2001年にイプサムを買った時も。

妻の車を含めてこれまで5台の車を買ったが、日産もトヨタもホンダもこういうことはしていない。たぶんレクサスクラスじゃないとここまでのブランディングはないだろう。でも大事なことなんじゃないかと思う。決して安くはない買い物をするのだ。ましてや数年後には必ず「買い換え需要」がある。顧客として囲い込んでおくのは当たり前の戦略である。これまでやってなかった方が不思議だ。

そんなわけで僕の中のフォルクスワーゲン好感度はぐんぐん上がっている。車もすばらしいがメーカーの姿勢もすばらしい。次の車もきっとこのメーカーから選ぶだろう。(買えればの話だけど)

↓購入祝いにもらったシルクスクリーン版画 伊藤栄章作:愛車のある風景
こういうのも嬉しいなぁ。




| comments(0) | くるま考 | by yabusho
ティグアンの乗り心地

納車されてちょうど1ヶ月。まだ400kmも走っていないけどその乗り心地は。。。

いいと思った点
・とにかく「走る」「曲がる」「止まる」といった車の基本性能については文句なし。剛性が高いためかすべての反応がシャープで速い。未だにハンドルを握ると緊張感がある。いい意味で。
・トルクがあるためか出足が速い。ちょっと踏むとグンと加速し、体がシートに押しつけられる。この感覚はイプサムではなかった。まだ慣らし運転中で高速も走っていないためトップエンドまでの加速がどうなのかは分からないが、街乗りでこれなら期待できる。
・サイズがちょうどいい。前のイプサムより4.5cm幅が広くなっているが、全長が短くてホイールベースも短くなっているため曲がりやすい。近所の道が狭くて心配していたが、むしろイプサムより操作性は上がっている。
・「曲がる方向に向くヘッドライト」「エレクトロニックパーキング」「クルーズコントール」などユーティリティが充実。一昔前は日本車の方がこの手の装備は上手だったが、ドイツ車もなかなか。でもたぶん絶対使わない機能もあるなぁ。。

イマイチと思った点
・やはり燃費が悪い。この1ヶ月の平均が6.2km/l。せめて7kmは行って欲しかったが、家と会社の往復だけでは難しいようだ。まぁ今は月に400kmも走らないので月一の満タンで済むんだけど。
・スイッチ類の反応が遅い。車自体は速いんだけど、電気系統のレスポンスにイラッとする。特にリアビューカメラの切り替え。バックに入れてから2秒もかかる。前進に戻すと10秒。故障かと思ってディーラーに確認したら「仕様です」との答え。なんとかならないものか。。
・荷台が小さい。ゴルフバックが横置きできないのは覚悟していたが、やっぱり不便。乗せっぱなしにできないのでいちいち積み降ろししている。家族4人での旅行が少し心配になってきた。

いろいろ不満もあるが、全体的には満足している。コストパフォーマンスについてネットでは賛否両論あるみたいだけど、欧州での競合は価格的にRAV4やCR-V、エクストレイルだという。日本では競合車より100万円ほど高くなっているが、もし欧州のように同価格なら性能差は明らかだ。日本車の方がボッタクリということになるだろう。

外国車の右ハンドル仕様に乗ったのは8年振りなので、1回の運転につき3回はワイパーを動かしてしまう。ロックのかけ忘れもしばしば。次の点検までには慣れているかな、と。

| comments(0) | くるま考 | by yabusho
ハードディスクナビ「RNS510」

新しい車に付いているHDDナビはRNS510というメーカー純正。
DVDを観ることもできるしワンセグチューナーも付いている。ネットの情報によるとドイツのシーメンス製らしい。AV機器はなんと言っても日本が一番と思っているので期待していなかったが、ネットの評判もあまり良くなかった。ただ、ナビのソフトは三洋製とのことだったので一応安心していたんだが。。

テストで関西国際空港に目的地を設定するとしばらく検索して結果が出た。前のナビだとここで5ルートから選択できたのだが、決め打ちだった。「実際の交通指示に従って運転してください」 念のため「ルート情報」で行程を確認してみた。すると。。。なんと港からフェリーで和歌山へ向かうというルートだった! ・・・初めて見た、こんなルート。前のナビだとせいぜい岡山回りで行く道を提示される程度だった。フェリーって。。車で走ることを否定しているよ、このナビ。

| comments(0) | くるま考 | by yabusho
車、到着

3年間悩んでいた車の買い換えをついに実行。昨日、無事納車された。

結局、決めたのはティグアン。去年の3月、ドイツのCebitで出会ったことを運命と判断。ずっと比べていたCR-Vのマイナーチェンジの内容が分かり、最終決定した。(CR-Vのマイナーチェンジははっきり言って改悪。相変わらずホンダはへたくそだ。)

7月の3連休前に決めて待つこと3週間。本当は9日(日)の納車だったが、豪雨のため断念。翌日がディーラーの定休日だったので、結局火曜日の引き渡しとなった。昨日はあいにく妻も父も留守だったため、朝8時過ぎに20分かけてディーラーまで歩いて行った。

まだ会社の行き帰りしか乗っていないため評価はできないが、相変わらずボディの剛性は感じる。ナビやオーディオなど、慣れない操作に戸惑っている。少しずつ、マニュアルを読みながら把握していくつもり。8年振りの車買い換えはこういうところも新鮮だ。

※ところでいきなりオーディオのSDカード読み取り不正が発生。トヨタ車なら絶対起こらないんだろうな。。

| comments(0) | くるま考 | by yabusho
Sciroccoいい!
 検討を続けている車のディーラーに再訪。

この間出たばかりのSiroccoの試乗車があったので、記念に?乗らせてもらった。Siroccoと言えば僕らの世代には懐かしい名前。十数年ぶりに復活したオールドネームは一見するとゴルフを平べったくしたようなフォルムで、Webで見たときはそれほどかっこいいとは思えなかった。ところがディーラーに横付けされていた試乗車は、色が黒と言うこともあって引き締まってとても綺麗に見えた。

エンジンは1.4L TSI、直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ+スーパーチャージャー(4バルブ)。上位モデルに2.0TSIがあるので、1.4Lなんてと高をくくっていた。ところがぎっちょん。少しアクセルを踏むとグンと前に出る力。背中がシートに押しつけられる加速力。まさにスポーツクーペだ。高速を走らなくてもその性能ははっきりと分かった。

うーん、いいなぁ、これ。いっそ今の車を残して追加でこれを買ってしまおうか。どうせ下取りは30万くらいだし。。などと一瞬にして不埒なことを考えてしまった。もうちょっと年をとって、子供が大きくなったらこんなクーペに乗りたい。大きなベンツもいいけれど、やっぱり僕的にはこちらかな、と。


| comments(0) | くるま考 | by yabusho
| 1/4PAGES | >>