<< ぶいぶいゴルフ日記 〜晴れのち雨〜 | main | お役所仕事 >>
タイで武力衝突

タイ衝突2人死亡 負傷者、110人超す(nikkei.net)

ついに武力衝突となり二人の市民が死亡した。
今回の混乱はいつものお決まりの「クーデターごっこ」とは明らかに違うようだ。

僕がバンコクにいた90年頃は、市民がここまで政治に介入することはなかった。軍人と文官の政権の取り合いが基本で、大抵の場合、国王が出てきて収まった。現状では国王が出てくる様子もなく、第一、出てきたとしても仲裁する当事者が誰なのか。これまで国家元首としてだけではなく、国民の90%が信徒である仏教の最高位の存在として神聖化されてきたプミポン国王の立場が揺らいでいる。今回の争乱の根本的な問題がここにある。海外に逃亡しているタクシン元首相は「人民革命」という言葉を使ってデモを煽っている。その意味するところは・・・。

ところで先日ASEAN会議が反政府デモによって潰されたが、その会場となっていたのがパタヤにある「ロイヤルクリフリゾートホテル」。名前の通り昔から王族御用達の由緒あるホテルで、1987年に始めてタイに行った時、泊まったことがある。それまで海外と言えば大学時代に行ったハワイくらいで、ホテルは海岸沿いの観光客用のエコノミークラス。本物のリゾートホテルというものに泊まったのはロイヤルクリフが初めてで、その豪華さとホスピタリティに感動したことを覚えている。

ニュースの映像ではデモ隊が押し寄せてホテルの玄関のガラスが割られ、乱入する姿が映っていた。タイ王国を象徴するホテルへの市民の乱入劇。今回の混乱の象徴的な姿を見た思いがした。

| comments(0) | タイのお話 | by yabusho
コメント
コメントする