<< タイで武力衝突 | main | 浜松町の中華料理屋で >>
お役所仕事

都下水道局ワッペン2万枚作り直し、3400万円追加支出(nikkei.net)

最近驚いたのがこの記事。イチョウ形をした都のシンボルマークと組織名以外の要素を加えることを禁じた「基本デザインマニュアル」に抵触することが理由とのこと。恐らくCI実施時に広告代理店がつくったロゴやマークの細かいデザインを規定したマニュアルのことだろう。民間の大手企業ならどこでもつくっている。特に一般消費者を対象とした企業活動を行う場合、会社のロゴやシンボルマークは大変重要な存在で、担当者の思いつきで勝手に変更して良いものではない。企業はそのイメージを作り上げるために莫大な投資を行っているのだ。

しかし東京都の水道局にそこまでの厳密な管理が必要だろうか。ワッペンを身分証代わりに使用しているというのであれば別だが、都民もそんな認識はないだろう。第一、変更前のロゴと変更後を比べて相違点を認識できる人がどれだけいるのか。「決められたとおりにやる。違っていたからやり直す。」石原東京都知事の言うとおり、これはまさにお役所仕事の典型である。

ところで気になったのはワッペンの単価。2万枚つくって3400万円と言うことは1枚1700円かかった計算になる。印刷でなく刺繍とは言え高すぎないか。中国あたりに出せば500円くらいでできそうだが。。あえて内需拡大のため東京都下の国内業者に出したということか。それならそれで納得できるんだけど。。

| comments(0) | 感じるまま | by yabusho
コメント
コメントする