<< 「楊家将」(北方謙三 PHP文庫 上下巻) | main | 車屋訪問 >>
新型インフルエンザと大阪出張

木曜日は大阪へ日帰り出張した。

朝9時の新幹線はほぼ満席状態。用心のためマスクを着用する。東京駅でのマスク着用率は3割くらいか。前日に関東圏で初めての感染者が出たということなので、これから増えていくだろう。

大阪では「マスクをしないのはパンツをはかないのと一緒くらいに普通だ」と営業所のメンバーに聞いていたけど、実際に着用しているのは7割くらい。東京に比べると多いが、「猫も杓子も」という状態ではない。もっともマスクが品切れ状態で、したくても入手できないという事情もあるようだが。。

西梅田にある取引先の待合室はほぼ全員マスク着用でさながら病院の待合室状態。こういうところが一番危険なんだろうな。商談でマスクを着けるかどうか迷ったが、先方がすっぴんで現れたのではずすことにした。危機意識はみんなバラバラだ。

思ったより商談が早く終わったので、15時発の高速バスに乗った。平日の昼間なので少ないかなとは思っていたけど、乗客は僕を含めてなんと8人。今までで最も少ない数だ。今朝の地元紙にも載っていたけど、高速バスはETC1,000円乗り放題に続いて大きな打撃を受けているらしい。まぁ心情的には無理もないか。あの狭い空間で2時間から3時間密閉されるのだ。近くに感染者がいたら完全にアウトだろう。

家に戻るとすぐに手洗いとうがいを行った。医学的にはマスクはほとんど意味がないらしい。結局、一番原始的な方法で守るしかないのだ。子供達にも徹底させることにする。

| comments(0) | 仕事 | by yabusho
コメント
コメントする