<< 勝てない?負けない?巨人 | main | 早起き病 >>
天安門事件から20年

天安門事件20年、香港の追悼集会に15万人 中国本土は厳戒続く(nikkei.net)

もうあれから20年経つのか。

1989年6月4日、僕はバンコクでこのニュースを聞いた。翌々日、1日遅れでやってくる日経新聞を貪るように読んだのは、毎日のように通っていたスクンビット通りのラーメン屋だった。1ヶ月の間、中国が大きく変わる期待がふくらんでいたが、この事件で一気に萎んでしまった。戦車の前に立つ、青年の姿を鮮明に覚えている。

しかしこの事件の後、ルーマニア革命が起こりチャウシェスクが捕らえられ、翌年にはベルリンの壁が破れてドイツが統一された。そして1991年12月、ソ連が崩壊することになる。世界中で起こった民主化の流れは、考えてみればこの事件が端緒ではなかったか。

インターネットのない時代、情報は旧メディアに限られていた。バンコクでもTV・新聞・ラジオはあったが、日本人の僕にとっては情報源になり得ない。一日遅れで届く日本の新聞だけが頼りの毎日。その代わり、日本人だけでなくタイ人や中国人、アメリカ人の見解も身近で聞くことができた。異国で知る世界の動きは日本にいる時とひと味違う。だからこそ客観的だったとも言えるのだが。

| comments(0) | タイのお話 | by yabusho
コメント
コメントする