<< 最近アマゾンで買ったもの | main | 車、到着 >>
飛行機の中で
 今週は金曜日の午前便で帰ってきた。

飛行機の席は真ん中3人掛けの右端だった。隣の2人掛け席には前後に親子4人が座っていた。前に父親と3歳くらいの男の子、後ろに母親と中学生くらいの女の子。父親は30代半ばくらいだろうか。
男の子は乗り込んだ時からはしゃぎ回り興奮している様子だった。子供連れは慣れているので特に何も思わなかったんだけど。。

離陸してまもなく立つと男の子が歩き回り始めた。その内、席を乗り越えて後ろに移ったりまた前に来て父親にじゃれついたり、ジャングルジム状態となった。前の席にもがんがん足をぶつけている。ところが父親も母親も何も言わない。子供のするまま、されるがまま。

喋るくらいなら気にならないが、さすがにあそこまで暴れ回られると眠ることもできない。仕方なくずっと本を読んでいた。その内、シートベルトサインが点灯して着陸準備が始まった。ところが男の子の暴れぶりは変わらない。一度僕の足にぶつかってきた。それでも両親は注意をしない」。結局シートベルトをつけることもなくそのまま着陸。最後まで両親が注意をする声は聞こえなかった。

ちょっと異常だろう。飛行機の中は自宅のリビングではない。3歳とは言え、会話できるのであれば注意して座らせることもできるだろう。何もしないとはどういうことか。「子供だから」「我が家の育児方針だから」ということなのか。しかし公共交通機関の中なのだ。こういうところで躾しないでどこでやるのか。

ウチの子供達も2歳くらいから飛行機に乗っているが、いつも厳しく注意してきた。「たくさんの人がいるところでは大人しくしていなければならない」ということを分からせてきたつもりだ。この間の沖縄旅行でも飛行機の中はもちろん、空港のラウンジでも回りに配慮して小声で話していた。ほとんど注意することもなかった。

今回の件ではもう少しで声を出して注意するところだった。「ここはあなたの家の中ではないのだから子供を大人しくさせなさい。」そうすればどうなっていただろう。せっかくの親子旅行(里帰り?)にイヤな思いをさせるつもりはない。僕も後味が悪かったと思う。ではこういう場合はどうすればいいのだろう。1つ気になったのはアテンダントが何も言わなかったこと。水平飛行中はともかく、着陸準備に入ったら子供と言えども注意して座らせる必要があったのではないか。
| comments(3) | 感じるまま | by yabusho
コメント
にいはお。まだ、中国にいます。
先日は、ありがとうございました。

さて、こういう時(飛行機の中の)は、
アテンダントさんに言います、ボクなら。

お店なら、店員に言います。

そして、彼(彼女)らから注意させます。
注意するのは、彼(彼女)たちの責任範囲ですから。
| つ | 2009/08/08 10:53 PM |
こちらこそこの間はお疲れさまでした。
暑かったけど美味しかったね。
また行きましょう。

ところでやっぱりアテンダントに言うべきでしたね。同じく子供を持つ身としてはできる限り我慢したんだけど。それにしてもどうしてこういうバカ親がいるんだろう。自分の子供がどういう目で見られているか分からないのかな。ただ、ひょっとして何か事情があったのかとも思う。難しいね、この判断は。。
| yabusho | 2009/08/09 12:44 PM |
先日は、どうも。
とってもおいしかったです。リピートしたいぐらい。

ところで、今回の件。
あまりに目に余るようならやはり私もアテンダントに言うと思います。
先天性の自閉症など、事情がある可能性もありますよね。
アテンダントが事前にそれを聞いていて、なにも注意しなかったのかも。
それならそれで、アテンダントに言った時点で事情があることが
わかるでしょう(内容は言わないとしても)。
そうすれば、自分も納得できるだろうし。
| yumin | 2009/08/10 7:07 AM |
コメントする