<< 車、到着 | main | 夏休み2009 >>
「劇場版ポケットモンスター ダイヤモンド&パール アルセウス 超克〈ちょうこく〉の時空へ」(2009年、日本)
 監督:湯山邦彦

13日、14日と2回目の夏休みを取っている。
初日は大介と弟の息子を連れて恒例のポケモン映画を観に行った。

3部作の最終章。前作・前々作に劣らず大きなスケールの映画だったが、あまり心に響くものはなかった。大体、この3部作はあまり好きではない。「ルカリオ」に匹敵する感動作を望むのはもう無理なのかな。と言いつつ、本編の最後にちらっと出てきた次回作にまた期待してしまう。来年、大介は中1になるけどまだ観に行くのかな?行かないと一人になるんだけど。。 ★★★☆☆

※「もののけ姫」にも声優として出ていた美輪明宏がアルセウスの声だったけど、妙にピッタリくるんだよな。ほんとにあの人、アニメ向き。
| comments(0) | 映画レビュー | by yabusho
コメント
コメントする