<< 今年最後の3連休 | main | 亀田、判定勝ち >>
「スラムドッグ$ミリオネア」 (2008年 イギリス)

監督:ダニー・ボイル 出演:デーヴ・パテール、マドゥル・ミッタル、フリーダ・ピントー

第81回アカデミー賞作品表受賞作品。アカデミー賞ものは滅多に観ないのだが、この作品は公開当時から興味を持っていた。ブルーレイが出たのでDISCUSで借りた。人気らしく、届くまで1ヶ月ほどかかった。

日本でもみのもんたの司会で人気だった「クイズ$ミリオネア」。この番組に出演したスラム街出身の青年がなんと全問正解で1,000万ルピーを獲得する。彼は答えを知っていたのか?仲間と共謀した詐欺だったのか?それとも。。

こう書くとミステリーもののように思えるが、実はインドの下層階級を舞台にしたヒューマンドラマだった。僕の場合、どうしてもこの手の描写はタイの貧民街に結びつく。哀れみで金をたくさん稼ぐために片腕を切り落とされた乞食の少女を思い出してしまう。この映画にも同様のくだりがあった。

最後がハッピーエンドなので救われた。最近の映画は救いようながない結末となるものが多いが、さすがにこの監督、心得ている。エンディングタイトルで多くの出演者がダンスを踊るシーンもインド映画を知っている人なら嬉しくなる演出だ。ちょっとあり得ない話しだが、映画で幸せを感じたい人向き。★★★★☆

| comments(0) | 映画レビュー | by yabusho
コメント
コメントする