<< 五反田の牡蠣専門店で | main | ホテルモントレー赤坂 >>
「レオン」(1994年 アメリカ/フランス)

監督:リュック・ベッソン 出演:ジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ゲイリー・オールドマン

ブルーレイで完全版が出たのでDISCUSに予約しておいたら、結構早く届いた。

もう何度も観ているが、観るたびに新しい発見がある。僕の中では歴代ベスト10に入る作品。初めて観たリュック・ベッソン監督作品で、この後「ニキータ」「フィフス・エレメント」と立て続けに観ることになる。とにかくジャン・レノ、ナタリー・ポートマン、ゲイリー・オールドマンのそれぞれの役柄とキャラクターが秀逸。ジャンル的にはアクション映画になるのかもしれないが、壮絶な暴力シーンとたまに出てくるコミカルな部分が対照的でたまらなくいい。そして底辺に流れる哀しみ。

ラストシーンでレオンが育てていた観葉植物をマチルダが寄宿学校の庭に植えるシーンがあるが、あの植物は寒さに弱くてああいうところに植えるとやがて枯れてしまうらしい。これがマチルダの暗い未来を暗示しているのだとマニアの間では話題になったとか。確かにナタリー・ポートマンは年をとるたびに不細工になっていくな。。★★★★★

| comments(0) | 映画レビュー | by yabusho
コメント
コメントする