<< 春休み?とetc. | main | 亀田と長島自演乙 >>
「竜馬がゆく」読了

司馬遼太郎「竜馬がゆく」文庫本全8巻を読み終えた。

確か、5回目か6回目。最後に読んだのは10年以上前だと思う。NHKの大河ドラマ「龍馬伝」が始まったのを機に読み返してみたのだが、やっぱりいい。架空の登場人物もいるものの伝記的色合いが強く、「龍馬正史」という趣だ。wikiなんか読むと史実と違う面がたくさんあることに気づくんだけどね。例えば「北辰一刀流免許皆伝」というのも実は薙刀の免許だったりして。。

でもやっぱり僕は「竜馬がゆく」原理主義だな。先々週の「龍馬伝」にあったような、吉田東洋が龍馬を取り込もうとしたエピソードなど受け入れがたい。状況から考えて接点はなかったとするのが適切だと思う。加尾との悲恋物語は女性視聴者向けの味付けとして分かるんだけど、メインストーリーはあまり脚色して欲しくないなと。同じく「竜馬がゆく」ファンの孫さんは受け入れているのかな?

| comments(0) | 読書感想文 | by yabusho
コメント
コメントする