<< UFC144 in Japan その3 〜ラウンドガール!〜 | main | 2011年3月11日の記録 >>
UFC144 in Japan その4 〜PRIDEのテーマに乗って〜
この日、会場が一番沸いたのはクイントン”ランペイジ”ジャクソンの入場。 暗転した会場に響いたのはPRIDEのテーマ曲。もうそれは地鳴りのような歓声が起こり、おそらく全員が立ち上がった。通路に現れたランペイジはものすごい形相で中を睨み、ゆっくりとオクタゴンに近づいてゆく。途中で立ち止まり、天井を向いて雄叫びを上げると会場がそれに応える。鳥肌が立った。 選手紹介を受けるランペイジ。目がイッちゃってる。 試合には惜しくも敗れたが、誰よりも声援を受けていた。 ちなみにメーンイベントのライト級タイトルマッチは予想に反してベン・ヘンダーソンがエドガーに勝利。二人とも体がキレキレで明らかにレベルが違っていた。あの試合を見せられると今の日本選手はきついな。 おわり。
| comments(0) | 格闘技 | by yabusho
コメント
コメントする