<< またしても台風で… | main | 物忘れ >>
ぶいぶい”グアム”日記 まとめ
今後の参考のために、まとめておく。

・時期
後から分かったのだが、グアムはこの時期(6月〜11月)天気があまり良くないらしい。晴天率は40%以下とのこと。考えてみれば、台風シーズンで、その発生地域にあるのだから仕方ない。と言うことは、夏休みにグアム旅行というのは天候的にかなりリスキーだ。ハワイは年間を通して晴天率が80%以上と言うから、多少金はかかってもやはりそっちか。グアムは正月やGW向けのリゾートなのだ。

・お金
グアムと言うことでタカをくくっていたら、結構かかった。元々ハワイ行きを計画していて、子供が小さいため飛行時間や時差で諦めたのだが、それならグアムで良い旅行をと考えた。JALパックにはブランドがあって、一応、最上級の「I'll」を選んだ。一番安いツアーならハワイに行ける値段だ。でも、結果的にはそのおかげで座席や部屋がアップグレードされたのかもしれない。子供のことを考えると、少々高めでも結果OKと言える。

・観光
HPで調べる限り、子供向けのサービスや観光はハワイよりグアムが上だ。託児所も、ハワイは5歳以上からしかあずかってくれないが、グアムは2歳からOK。子供をあずけておいて夫婦で買い物やゴルフができる。「近場で手軽に」と言うグアムのキャッチフレーズはその通りだと思う。大人向けの観光は今回参加しなかったが、狭い島なので見所は少ないみたい。やはりマリンスポーツやゴルフが中心になる。

・買い物
前にも書いたけど、「海外旅行でブランド品を安く」というのはまったく当てはまらない。日本の激安店やオークションで買った方が遙かに安い。ねらい所はセール品だ。免税でも時々セールをやっている。日本でよく価格を調べておいて、きちんとレート計算すれば損をすることはないだろう。グアムはとにかく観光客にお金を落とさせることを第1に考えているので、GFS(免税店)に何回も行かされるハメになる。相当石を強く持っておかないと、散財するのは必至だ。

・服装
基本的に半袖・短パンでどこでも行けるのだが、困ったのが冷房。とにかく効き過ぎていて寒いのだ。これは特に東南アジア全般に言えることだが、暑い国において冷房は最高の贅沢と考えられていて、とにかく冷やすのが富の象徴のように思っている。キッズ観光のバスの中が最悪で、持っていたスポーツタオルを足にかけて凌いだ。女性・子供は必ず上にはおる長袖のカーディガンやTシャツが必須。
| comments(0) | グアム日記 | by yabusho
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック