<< また楽天、TBS買って何やるの? | main | また楽天、TBS買って何するの? その3 >>
また楽天、TBS買って何するの? その2
TBS井上社長、楽天の統合提案「心外な気持ち」(nikkei.netより)

昨日の続き。TBS井上社長の、きわめて常識的な反応だ。
一方で業務提携の話を進めておきながら、何の断りもなく大量の株を取得するなんて、「非常識独裁者にして偉大なる指導者様」である三木谷さんの面目躍如といったところか。まったく、金があって法に触れなければ何してもいいのかよ、といつものツッコミを入れておく。

まぁ、楽天にしてみれば派手に稼いでいるように見えて実はすべてショッピングモールや旅行代理店、金融といった「仲介手数料」商売やってるだけで、突出した技術力やオンリーワンの商品力がある訳じゃない。技術を背景にしたyahoo!やgoogleといった検索エンジン系のポータルサイトと競合してナンバーワンになるためには、コンテンツを持ってるTV局と統合するしかない、と言ったところか。その意味では今回のTBSとの統合の正否が楽天の企業存続を左右するかもしれない。

それにしても、「敵対的買収」(三木谷さんは違うと言ってる)が、いかに日本人に受け入れられないかということを、ライブドアの時に学ばなかったのかね。業務提携話で何回かTBSの井上社長と会ってたというのだから、結局、説得しきれなかったと言うことだろう。たぶん三木谷さんの「胡散臭さ」が原因だと思うけど。ソフトバンクの孫さんなんかは「敵対的」でなく
友好的に企業買収をやってるよね。おそらく、それがどれだけ先方にとって価値があるかということをきちんと説明して納得してもらっているからだと思う。年齢じゃないよ。孫さんだって30代の頃からやってるからね。やっぱ、人間性じゃないのかな。

楽天が毎日ニュースを提供してくれるので、ウォッチャーの僕としてはネタに困らない。どんどんやって、世間にその本性をさらしてくれ。
| comments(2) | 楽天チェック | by yabusho
コメント
まさにそのとおりです!

>技術を背景にしたyahoo!やgoogleといった検索エンジン系のポータルサイトと競合してナンバーワンになるためには、コンテンツを持ってるTV 局と統合するしかない、と言ったところか。その意味では今回のTBSとの統合の正否が楽天の企業存続を左右するかもしれない。
| y! | 2005/10/15 3:18 PM |
×正否 → ○成否
| yabusho | 2005/10/17 12:24 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yabusho.jugem.jp/trackback/369
トラックバック