<< さくらの運動会 | main | 携帯電話でモノを買う時代 >>
楽天・三木谷さんの大ウソ
三木谷、不退転決意「一文無しになったら働けばいい」(ZAKZAKより)

昨日の朝、「とくダネ!」に出ていた三木谷さん。朝っぱらからあのアンパンマン顔を見てうんざりしていた。会社に行く時間になったので途中までしか見えなかったが、こんな発言をしていたらしい。

三木谷氏が気色ばんだのは、報道機関としての公共性をいかに担保するのか、と問われたとき。「自分たちが会社を持つと、放送の公共性がなくなる、低下するといわれるが、今の報道はどうなのか。むしろ向上させていかなくてはならない。当たり前の話。今のテレビ番組自身が社会性、公共性があるのか、むしろ聞きたい」と激白した。

現在のマスコミのあり方には僕も問題があると思っている。社会性、公共性を謳いながら、自らの不祥事はできるだけ隠そうとする。思想的・政治的にも偏っていて、誘導的な報道が多い。今一度、マスコミ自身の存在価値や立ち位置について省みるべきであろう。

でも、それを三木谷さんに言われたくない。インターネットという公共のメディアを利用しながら、その根本価値であるWebページの自由自在な行き来を制限する横暴さ。楽天の利益誘導しか考えていないのは明白だ。こんな男がテレビ局というメディアを持ったらどうなるか。「三つ子の魂百まで」。彼の価値観や生き方は変わらないだろう。よくもまぁ、あんな白々しいことが言えるものだ。

TBSは徹底抗戦すべきだ。ホリエモンと時は違い、今回はTV局側を支援する。ウソつき男にメディアを支配させてはならない。


| comments(1) | 楽天チェック | by yabusho
コメント
楽天を支持する者にNHKを語る資格は無い
http://plusdblog.itmedia.co.jp/nishitadashi/2005/10/post_4ea2.html
バックナンバーも含め、そうだろうなぁ、と思います。
| ちな | 2005/10/19 1:28 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yabusho.jugem.jp/trackback/372
トラックバック