<< ぶいぶい「台湾」日記2006 その2 | main | ぶいぶい「台湾」日記2006 その4 >>
ぶいぶい「台湾」日記2006 その3
台湾3日目。
今日は昨日目をつけた商品の商談デー。でも、各社との話し合いは若い衆に任せて、午後から「TAIPEI 101 TOWER」に登ってみた。今回で3回目となる台北で初めて登ることになる。高さ508メートルの「世界で最も高い建築物」である。



考えてみれば郷里にある眉山の高さが280メートル。このビルを眉山の後ろに立てれば、まだ200m以上の建物が出現するのだ。これは凄い。
展望台(89階 382m)まで300元(約1200円)を払い、1010m/分の超高速エレベータで上へ。約40秒で到着した。ここから見える風景がこれ↓。


車がまるでミニカーの様。黄色いのはすべてタクシーだ。


その89階にこれも「世界最大の風よけアンカー」がある。重さ660トン、総工費1億3千2百万元(約5億3千万円)の巨大なドームだ。これで約40%の風力を削減することができるという。


夜はみんなで小龍包を食べに行った。これがまた絶品! 大満足の台湾3日目だった。



| comments(0) | 台湾日記 | by yabusho
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yabusho.jugem.jp/trackback/547
トラックバック