<< ビッグプロジェクト発進 | main | ジーコ、去る >>
夕刊フジが楽天を糾弾 〜あんなにセコイ商売はない〜
楽天店舗、減少惨状…課金増に悲鳴、続々退店
「あんなにセコイ商売はない」
(ZAKZAKより)

ベトナムにいるちなさんからの情報。 
>ありがとう、ちなさん。またベトナム話を聞かせてください。

前からこのブログにも書いているように、楽天の商売は異常である。まさに「楽天の楽天による楽天のための商売」としか言いようがない。ZAKZAKの記事にもあるように、最初は安い出店料で店を集めておきながら、突然一方的な値上げを行う。システム変更は日常的で店には何の相談もない。特に酷いのが顧客のメールアドレス。ネットShopにとって顧客のメールアドレスは唯一無二の財産であるが、アドレスを集めるための広告費や検証費用は全部店負担なのに、集めたメールアドレスは「個人情報保護」を理由に渡さない。

売上の上がらない店には「集客のため広告を出しましょう」と持ちかけ、決して安くない費用でキャンペーンを打たせる。しかし、そんな単純なことで売上が上がれば苦労はないわけで、当然、効果がない。すると「今度はこのメニューでいかが」とまた別の有料広告プランが提示される。売上が上がらない店の、焦る心理をついたまことに卑怯なマーケティングシステムである。

先日も「売上対策を考えたいので、ウチの店で購入したお客様のプロファイルデータが欲しい」と要求すると、システム上出せないという。さんざん、マーケティングのためにとか言って金を取っておきながら、そのデータが出せないとはどういうことか。個人情報を要求しているのではない。男女比や職業、年齢などの属性の統計データである。担当に詰め寄ると、秋にはシステム対応ができるとのこと。何年前から商売やってるんだよ、楽天。そんなシステム一つ組んでないで、よくもショッピングモールを運営してますって言えるもんだ。あのバカ高い手数料は何のために取ってるんだよ。

このまま何も変わらなければ、いつかはウチも楽天を退会せざるを得なくなるだろう。でも、その前にホリエモンやムラカミがそうだったように、「これはおかしんじゃないの」とみんなが感じるビジネスや人間は社会から排除されると思う。今の日本社会にそれくらいの自浄作用は残っていると期待したい。
| comments(5) | 楽天チェック | by yabusho
コメント
私はこれを紙媒体の夕刊フジで読みました。
記事を読めば読むほど、信長の提唱した
「楽市楽座」のコンセプトとはかけ離れたものであり、
早晩たちゆかなくなるビジネスモデルだなという
思いを強くしました。

まぁ、前からけっこう楽天のあこぎさは一部で報道されていましたが、
「一部」では収まりきらないぐらいに、
広く認識されてきたということでしょうか。

ちなみに、楽天本社の商談ルームには、
「世界一のインターネット企業」
って大書してありますけど、
客観的に認められた証明なりデータなりがないと、
勝手に「日本一」とか「世界一」とか
謳えないんじゃなかったでしたっけ?

うろ覚えの記憶ですが。。。
| Mr.Standard 2nd | 2006/06/29 5:55 PM |
ZAKZAKもたまにはホントのこと書くんですね〜。
それにしても楽天の懸賞・・・最近はまったく当選しません。。個人的にそれがどうも。。
| モリケン父 | 2006/06/29 9:21 PM |
ことの真偽は僕には判らないですが、本当ならば、僕が社員だったら胸を張って仕事ができないですね。

Excelで(必達利益ギャップ+システム増強総コスト)÷(出店店舗数−見込み退店数)かなんかで値上げ額決まってそうですね(笑)。
| kouhai | 2006/06/29 9:27 PM |
とにかく楽天は、
・「外部リンク一切禁止」という、インターネット界最大の禁じ手
・「販促」の名の下に出店者から広告料を搾取。売上手数料と併せて、究極のマッチポンプ商法
・出店する前は「出店者さま」と持ち上げ、その後は搾取の対象としか見ない「超資本主義」
・「ルールは決めたモン勝ち」という、ホリエモンと全く同じ発想の独裁的運営手法
という史上最悪のIT企業である。何が「世界一」か。
| yabusho | 2006/06/30 9:21 AM |
顧客情報(メールアドレス)をお店に渡さないとは知りませんでした。それは、あまりに酷いですね。1年後ぐらいには、逆風吹き荒れるのではないでしょうか。

それと、創業者のカラーが出るんだなぁと思いました。ユーザーのことやクライアントのことを考えるのでなく、ただ銀行屋として利ざやを稼ぐことがビジネスだと思っているのだろうな、と。
| ちな | 2006/07/01 9:49 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yabusho.jugem.jp/trackback/563
トラックバック