<< ぶいぶいゴルフ日記 〜2ヶ月ぶり〜 | main | ホテルで眠れない >>
タイのお話 〜クリスマスと繁忙期〜
タイにもクリスマスはある。
90%以上が仏教徒だが、それはそれ。日本と同じようにクリスマスは最早宗教ではなく、年中行事だ。この時期になると、デパートや商店はクリスマスの飾り付けを行い、イルミネーションの灯がともる。特に高級ホテルのイルミネーションは豪華できれいだった。

ところで、タイは今、乾期の真っ最中。大体11月頃から翌4月頃までが乾期となり、ほとんど雨が降らない。そして、正月を挟んでクリスマス頃から2週間がタイの「冬」となる。年間平均気温が25度を超え、12月でも昼間は30度になるのに何が「冬」だと思っていたら、不思議とほんとにこの2週間だけは涼しくなるのだ。

なのでタイの12月は「ウインターセール」と「クリスマスセール」が同時にやってきて、年明けの「ニューイヤーセール」となる。おまけに2月は旧正月でまた忙しい。南国のタイはいつものんびりとしているのだが、この時期だけは何となく慌ただしくなるのがおかしかった。

※もしタイに旅行を計画しているなら、間違いなく「年末年始」が最適です。お金は高いけど。安く行くなら2月頃かな。3月になるとタイは「夏」で、一年中で一番暑くなります。昼間の最高気温は35度。おすすめしません。5月の連休あたりから雨期に入り、夏休み頃は毎日夕立ちがあります。雨期と言ってもシトシト続くのではなく、いきなりドッと降って終わり。でも降り方が半端じゃないので。天候を一番に考えるなら、年末年始がベストです。
| comments(0) | タイのお話 | by yabusho
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yabusho.jugem.jp/trackback/679
トラックバック