<< なんで、僕? | main | さようなら、ディープインパクト >>
タイのお話 〜サソリ・タランチュラ・キングコブラ〜
ついこの間、輸入ジーンズの中にサソリがいて刺された人が入院する騒ぎがあったが、僕もタイでサソリに刺されたことがある。

スルメの加工工場で長靴を履いた瞬間、足の裏にチクッと鋭い痛みが。ガラスでも入ってたのかと長靴を脱いで逆さに振ると、出てきたのはなんと1僂らいのミニミニサソリだった。幸い、小さかったので少し腫れた程度で済んだが、タイにサソリがいるなんてその時まで知らなかった。

聞いた話だけど、バンコクに住んでた人が朝、コーヒーを飲もうとしてカップを持ったら、中にタランチュラがうずくまっていたとか。まったく、彼の国の野生はたくましい。一番驚いたのは、工場にキングコブラが出た時。「出た」と聞いただけでこちらはビビッて腰が浮いてしまったが、工員達は嬉々として走り出した。行くと一人がキングコブラのシッポを持って振り回している。さんざん地面にたたきつけて殺した後、かば焼きにして食べていた。何でも強壮剤として珍重されるらしい。

そう言えば、タイの南部にあるゴルフ場では「キングコブラ注意」の看板を何度か見た。日本で「まむし注意」というのは見たことはあるが、キングコブラは桁が違う。バンコクにあるスネークセンターで見たヤツは体長3mはあった。こんなのがラフにいるのかと思うと、OBを打っても探しに行く気にならない。たくさんボールを無くしたが、命あっての物種だとあきらめた。
| comments(0) | タイのお話 | by yabusho
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yabusho.jugem.jp/trackback/694
トラックバック