<< 幸せの予感? | main | D介、スキーへ行く >>
タイのお話 〜マイペンライ!〜
タイ中部で列車同士が正面衝突、3人死亡(nikkansports.com)

>バンコクから南部ヤラに向かう列車が駅で停車していたところ、バンコクに向かう対向列車が誤った線路に進入、衝突した。

こんなことが起こるのかというのが日本人の感覚だろうが、タイでは「あり得る」話である。タイ人は基本的に真面目で仕事熱心な国民だ。けっしてわざとサボったり手を抜いたりすることはないのだが、タイには「マイペンライ」と言う魔法のような言葉があって、それにまつわる信じられないような話をよく聞いた。

日本の自動車会社が現地で生産を始めた頃の話である。日本と同様、ラインに乗せて組み立て行くのだが、必ず最後にボルトやネジなどの部品が余るらしい。日本なら総点検となるところだが、そこは楽天的なタイ人なので「マイペンライ」と言って通してしまう。これだけたくさんの部品のほとんどを取り付けたのだから、少しぐらい余っても大丈夫だろう、と言うことらしい。

「マイペンライ」は誠に不思議な言葉である。直訳的には「どういたしまして」と言う意味らしい。「コップンカップ」(ありがとう)と言うと、「マイペンライ」と返ってくる。「心配ない」(ドンマイ)的な使われ方もする。それなら普通は慰め的に使われるはずだが、交通事故などで加害者側が被害者に「マイペンライ」とやる場合もある。この場合のニュアンスは車の組み立ての話の使われ方に近いのか。仕事のミスで社員を叱って「マイペンライ」とやられた時にはさすがに激怒してしまった。しかし、彼らからするとこれも正しい使い方なのである。

とにかく、何かあるとタイ人は「マイペンライ」だ。ちなみにきちんとした謝罪の言葉「コートー」(直訳すると「私に罪を与えてください」)というのもあるのだが、滅多に使われない。交通事故を起こしても絶対に謝らない。謝ると自分のミスを認めたことになり、不利になるからだ。このあたりは欧米人の感覚に近い。きっと今回の事故を起こした列車の運転手も警察に言っているだろう。「マイペンライ、ナ」(大丈夫だって)。
| comments(0) | タイのお話 | by yabusho
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yabusho.jugem.jp/trackback/707
トラックバック