<< 中国がアルマーニに嫌がらせ | main | セクハラ飲み会 >>
そのまんま東は1期保つのか?
宮崎県知事にそのまんま東氏(nikkei.net)

夜のニュース速報を見てびっくりした。
しかも2位に大差をつけて圧勝だと。宮崎県民は何をどう判断したのか。

僕は「タレント政治家」に反対である。
どう言い訳しても知名度を利用した政治活動だし、余技・余興の印象がある。今回の「そのまんま東」氏も、タレントを応援演説に呼ばないと言うなら、本名の「東国原英夫」で出れば良かったのだ。(知事活動は本名でやると言っているが…) 選挙戦の最終日の「マラソン演説」にわざとらしく「WASEDA」の名前が入ったウインドブレーカーを着ていた。何を言いたいのか「一目瞭然」である。

そもそも今回の宮崎知事選は前知事の汚職が原因。県民の間には「不正はイヤ」と言う感情論が広がっていて、既存政党は圧倒的に不利な状態だった。そこに「なんのしがらみもみない」「知名度抜群」の芸能人がやってきて、ちょっと小利口なことを言ったら「なんだ、結構まともじゃないか」と言うことになって票が入った、というのが事実だろう。不正の匂いがしなければ誰でも良かったわけで、積極的に「そのまんま東」を選ぶ理由がない。

我が故郷も同じく知事が汚職絡みで辞任したことがあった。その時当選したのはあるNPO団体の代表。なるほど、金銭的にはきれいなものだったが、ただそれだけ。議会と対立し、景気回復や雇用対策も何もできずに1期で終わった。現知事は中央政界にパイプのある元官僚で、県内ではそれなりに評価を受けている。青島幸夫、横山ノック、田中康男と
「タレント知事」は議会との抗争と夢から覚めた現実的な県民判断に敗れ去ってきた。果たして「そのまんま東」はどうか。1期保たないのではないかと僕は見る。

訂正:前知事はNPO団体の代表でなく元県議。1期どころか1年も保たず、不信任案の可決による出直し選挙で現知事に敗れたというのが正解。他の人とゴッチャにしてました。 >ご指摘ありがとう、Dさん。また、読んでね。
| comments(4) | 感じるまま | by yabusho
コメント
この当選には私もビックリしました。そんな選挙戦だったのか、と。でも、議会との対立は、地方議会議員の方に問題があるように思っています。地方議員こそ、ただ既得権益の代弁者(もしくは本人)ではないのでしょうか。
| ちな | 2007/01/22 9:54 AM |
おっしゃるとおり地方議員は既得権益そのものです。でもそれが現実であり事実です。議会制民主主義が国民の選挙によって選ばれた議員で運営される以上、「代弁者」となるのは仕方ないことです。各知事候補もそれが分かっていて立候補したはずだし、当選後の議会運営に何の勝算もなく望むはずがないと思っています。仮に「正論が最終的には支持される」と信じる政治家がいれば、それは単なるバカでしょう。きれいすぎる水には魚は住めません。清濁併せて飲み干してなおかつ、政治を進めることができる人こそ真の政治家だと思います。
| yabusho | 2007/01/22 12:25 PM |
掛けましょか〜。私は2期目も当選する方に、1票!

「代弁者」は、論理的には知事もそうなのであって、確かに、どれほど清濁併せ飲めるかという点はあるにしても、私は今回の宮崎県民の投票行動は理解できます。正しい行動だったと思っています。そして、東国原氏は、清濁併せ飲むのではないか、と期待もしています。

ウィンドブレーカーの件も、それが計算だとしても、私は肯定的に評価しています。全人格をかけて信用を訴えるのが選挙だと思うので、私は正しい行動だったと思います。

要は、タレント政治家を是か非かということですかね。私は、タレントであろうが何であろうが、私が良しとする候補なら是です。yabushoさんは、タレント政治家はダメなんですよね。面白い。
| ちな | 2007/01/23 2:08 AM |
議会対策がポイントだと思う。過去のタレント知事はこれにことごとく敗れ去ってきた。マニフェストにこだわって対立すると議会運営がストップするし、安易に妥協すると県民の支持を失う。知事そのものより、回りのスタッフがどこまで議会への根回しができるかだろう。表向きは理想を追いかけ、裏できちんと落としどころをつくることができるかどうか。やれなければ1期保たないのは明らかだ。

私はタレント政治家は認めません。今回のそのまんま東にしても、お笑いタレントとして年を食って、業界内のポジションや将来を考えて「転職」しようとしたのではないかと。「タレントとしての知名度は利用しない」と言っても、単なる「東国原英夫」では到底当選できなかったわけで。政治家はある意味プロであって欲しいと思うので、このような当選経緯は認めたくありません。
| yabusho | 2007/01/24 9:25 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://yabusho.jugem.jp/trackback/714
トラックバック