<< 「ねんきん特別便」がやってきた! | main | 読書日記「日本の10大新宗教」 >>
フォルクスワーゲン・ティグアン

今乗っているイプサムの車検が9月で切れるので、どうしようか考えている。

7年乗ったので次ぎが3回目の車検となる。これまでは5年ごとに乗り換えてたので、現時点で最長。さらに伸ばすかどうか。問題は「乗りたい車」がないことだ。

価格や大きさを考えなければもちろんあるんだけど、現実には考慮せざるを得ない。田舎の道は細くて対向もなかなかできないことが多い。今のサイズ(横幅1,765mm)から考えると、できれば1,800mm以内に抑えたいところ。しかし今の車はすべて大型化していて、なかなか適当なのが見つからない。子供がまだ小さいのである程度の広さは必要なんだけど。。。

てなことを考えていたら、この間のドイツ出張で行ったCebitの会場で興味深い車を見つけた。↓



フォルクスワーゲンのティグアンである。まだ日本では発売されていなく、秋頃の導入が予想されている。車雑誌で写真を見ることはあったが、実物は初めて。同じSUVのトゥアレグの弟分らしいが、1,900mmというバカでかい兄貴に比べてこちらは1,800mm弱。大きさ的にはピッタリだ。BMWのX3対抗という感じ。

問題は価格と装備。車体自体は400万円前後になると思うが、諸費用込み込みだと500万近くになるのではないか。また、国産と違ってバックモニター等の装備もないだろう。今の車になれてしまっているので、バックモニターなしはつらい。うーん、いろいろ考えるとやっぱり国産か。。そうすると一番手はホンダのCR-Vあたりになるんだけど、これも消去法だからなぁ。もう一回、車検に出す方が良いのかなぁ。。

| comments(0) | くるま考 | by yabusho
コメント
コメントする