車で悩み中

フォルクスワーゲンが7月から「ハートフルキャンペーン」を始めたことをネットで知った。3年間の点検や部品交換料金が無料になるという。試算によると15〜6万円相当になるとのことで、比較的トラブルの多い輸入車では利用価値があるだろう。ただし条件は8月31日までに登録を終えることで、逆算すると7月中には契約が必要になる。うーん、悩みどころだ。。

話を聞こうと思っていたらちょうど土曜日の夜にディーラーの担当者から電話がかかってきた。早速日曜日にディーラー訪問。腹をくくって下取りの査定と見積もりを頼んだ。その間にもう一度試乗。自宅まで戻って進入路の幅や切り返しの有無を確かめた。今の車より多少大きくなるが、それほど支障は無さそうだ。ああ、こうして外堀が埋められていく。。

試乗のインプレッションは前回と同じ。出だしがもたつくがスピードに乗ると加速が効いてくる。ブレーキのいきなり度が少し気になるが、アイドリング時の静粛性やボディ剛性は相変わらず魅力ある。バック時のモニターもガイドラインが出て見やすい。ナビは本体がドイツ・シーメンス製でソフトは三洋製だとか。このあたりは慣れの問題でさほど重要ではない。

試乗を終えてディーラーに戻ると見積もりができあがっていた。うーん、やっぱり高い。一押しすればもう少し何とかなりそうだが、即決するには厳しい。今回は10年乗るつもりなので、多少高くても元は取れると思うのだが、実際に金額を見てしまうとね。。2001年式のイプサムが30万円で下取りしてもらえるらしいが、これは想定外。トヨタ系のディーラーだからと説明された。

やっぱり今気になっている残り2台を見てからにしよう。最初にその気になったCR-Vのマイナーチェンジと今月出るという噂のスカイライン・クロスオーバーだ。CR-Vはディーラーの売る気のなさに一度はリストから外したが、ネットではエコ割引対策にエンジンを変えるかもしれないという情報が。これでバックモニターや地デジチューナーが改善されると俄然候補に挙がってくる。なんせティグアンとは100万円の差があるのだ。

スカイライン・クロスオーバーはアメリカで発売されているEXの逆輸入版。スタイリングはいいが、SUVにしては荷室の狭さが気になる。エンジンも3700ccというでかさで僕にはオーバースペックだ。とりあえず「捨て案」として確認はしておく。

最近、身近で二人、車を買ったやつがいる。僕が悩んでいる間にあっという間に決められてしまい、こちらは周回遅れの気分だ。少し焦ってはいるのだが、車検はまだあと1年以上残っているし、もう少し悩むことにする。

| comments(0) | くるま考 | by yabusho
レクサスのハイブリッド専用車

プリウスが気になっていろいろ調べていたら、レクサスのハイブリッド専用車が来月出ることが分かった。

レクサスHS250h


日本で発売されているISとアメリカで出ているESの中間にあたるサイズ。日本国内での取り回しは楽そうだ。装備もレクサスらしいプレミアム感で満足度は高そう。でもね。。。

やっぱりデザインが嫌だ。プリウスを大きくしてフロントを変えただけのような印象。このずんぐりむっくりがどうにもなじめない。2.4Lのエンジンは190PSと馬力がある分だけプリウスに比べるど燃費も伸びず26km/l。それでも非ハイブリッド車とは比べものにならないけどね。

予想価格は395万円〜で、なんやかや付けると諸費用込みで500万円近くはいくだろう。それだけ払えるのなら選択肢はもっとあるはず。と言うわけでレクサスHS250hはわずか1日で予選落ち。

| comments(0) | くるま考 | by yabusho
プリウス、いいかも
 会社の同僚のE藤がトヨタのプリウスを申し込んだらしい。

彼の今の車はランドクルーザー・プラドでもう15年乗っている。一度エンジンを交換したし、今もエアコンが壊れて使えない。さすがにもう限界と言うことで車を物色。最初は僕が乗り換え予定なのを聞いて、下取り車を譲って欲しいと言っていたが、車検のタイミングが合わず新車を買うことになった。奥さんとトヨタのディーラーに行ったら即決されたらしい。曰く、「嫁さんとプリウスを見に行ってはいけない」と。

とにかくその燃費とエコ減税が奥さんには堪らなく魅力に感じるらしい。プラドからプリウスって180度違うし、第一、E藤のキャラクターに合っていない。この間の飲み会では仲間でさんざん冷やかした。本人も「まったく愛着がわかない」と言っていたし、奥さんに好きな色にして良いと言われても「何でもいい」と投げやりだった。僕もプリウスはまったく選択肢に入っていなかったのだが。。

この間行った高崎駅の構内にプリウスが展示されていた。屋内ということもあるのだろうが、思ったより大きくて迫力がある。インテリアもシンプルできれいだ。あれ、プリウスいいじゃん。ネットで調べたらいろいろグレードもあるし、オプションもかなりそろっている。なんと言っても燃費が良い。38km/リットルはカタログデータとしても、数字通りなら50リットルで1900km走れる計算になる。僕の今の走行距離が年間約6000kmなので、3回満タンにするだけでいいことになる。ほんまか、と。

これは本当に検討する意味があるかもしれない。プリウスか。。
| comments(1) | くるま考 | by yabusho
自動車のセールスマン

先週末、ディーラーを回って決めたこと。

車を買うのは妻のを含めてこれで6回目になるが、いつも「どこで」買うかより「誰から」買うかがポイントなる。決して安くはない買い物をするのだ。どうせなら気分良く買いたい。値引きしてくれるのも良いんだけど、どこまでこちら側の身になって考えてくれるか。気分や考えを察してくれるか。僕にとってはそちらの方が大事だ。

先週末行った1軒目のディーラーで応対してくれたのは25,6の若手だった。お目当ての車が無く、そのまま帰ろうとすると名前を聞かれた。今度来る時まで覚えているのだろうか。2軒目の繁盛しているディーラーでは名前すら聞かれない。マイナーチェンジの予定を聞いても「分からない」というばかり。何も得るものが無く店を出た。

3軒目は前に買ったこともあって課長クラスが出て来ての対応。しつこく薦めるでもなく感じが良い。最後に行ったのが営業車を掃除して試乗させてくれたディーラー。ここで妻の車を買ったこともあるのだろうが、対応は非常に良かった。マイナーチェンジの情報についても今までの例を挙げて可能性を教えてくれた。

何を買うかはまだ決めていないが、どこの誰から買うかはほぼ決まった。僕みたいなタイプは結構いると思うので、攻めどころを考えて欲しい。>自動車のセールスマンどの

| comments(0) | くるま考 | by yabusho
車屋訪問 その2

最後に行ったのがDUO。お目当てはフォルクスワーゲン・ティグアン。

去年の3月に行ったCebitで見て一目惚れした車。去年の5月に「トラック&フィールド」というエントリーモデルが出て、今年3月に上位グレードの「スポーツ&スタイル」が出た。Cebitの写真を見ると、一目惚れしたのはこちらのモデルだったようだ。

展示車は車体がシルバーで内装が黒の革張りモデル。さすがに高級感がある。妻と一緒に試乗車に乗ったが、こちらは「トラック&フィールド」モデル。ドイツ車らしい剛性感は相変わらずだが、前に乗っていたヴェントに比べて静かなエンジンに驚いた。出だしのアクセルのレスポンスはイマイチだが、その後はスムースに加速する。久しぶりにドイツ車に乗ったので、ウインカーレバーを間違えて何度かワイパーを動かしてしまった。

やっぱり試乗するとダメだ。CR-Vも不満はなかったが、比べるとこちらが段違いに良い。問題は荷室の広さと価格。ゴルフバックを常に車に乗せている僕としては、横位置に入らないのは大問題だ。後部座席を目一杯前にずらせばナナメに入りそうだが。。価格はWebのシミュレーションだとオプションをつけて約100万円の差となる。妻からは「すぐに飽きて買い替えないように」と釘を刺されているので、今度の車は最低でも9年(車検3回)乗るつもり。それなら100万くらいの差を吸収できるか。。考えどころだ。

| comments(0) | くるま考 | by yabusho
<< | 2/4PAGES | >>