侵略する国、中国
昨日から東京。移動の途中で友人から勧められた先週発売の「週刊新潮」を読んだ。確かにこの号は読み応えがある。中国問題の他、靖国参拝問題の特集もやっていた。

あらためて思うのは、何でこんな国に日本が軍事国家呼ばわりされるのかということだ。第二次大戦後、中国は様々な国を「侵略」している。チベット、内モンゴル、旧ソ連、ベトナム…。チベット侵攻の理由は「解放」だ。これは日本が第二次大戦を「大東亜戦争」と呼んで、アジアを欧米の植民地支配から解放しようとしていたのと同じ。何をか言わんやである。

靖国問題もそうだが、結局中国の行動基準は思想と宗教観である。それも純粋な主義主張に基づいたものではなく、一部共産党幹部や官僚の地位保全と既得権益を守るためだけ。そのために全国民に偏重教育を行い、周辺の異なる思想や宗教を持つ国を攻める。中世の十字軍と何ら変わらないえではないか。

戦争の歴史観をどう持つかは加害者(日本)と被害者(中国)で立場が異なり議論が生じるのは仕方ないとして、文化と宗教を他国に強制するべきではないだろう。個人でもそれはタブーの領域である。靖国問題にしても、死者に対する感情が日本と中国でまったく違うし、それはまさに宗教観に基づくものだ。他人(他国)にとやかく言われる筋合いのものではない。

それにしても日本の外交は情けない。十数年前バンコクに住んでいた時、「有事があっても日本大使館は頼りにならない」とさんざん言われたが、その時代と何も変わっていない。政治家に任せられないとすれば、我々国民がもっと声を上げるべきだろう。幸い、今はこうやってインターネットで意見を述べることができる。心ある人が読んでくれていたら、どう思っているのか聞いてみたい。
| comments(3) | 中国チェック | by yabusho
勘違いの国、中国
台湾日記で「ぶいぶい」を休んでいる間、またしても中国がおバカ丸出しの施策を発表したみたいだ。

6月9日付けの香港「東方日報」によると、日本や米国製のテレビアニメが人気の中国で、国内製アニメの振興を狙う当局が、ゴールデンタイム(午後5〜9時)の外国製アニメ放映を禁止する見通しとのこと。中国では既に00年から、各局が放映するアニメ番組の6割を国内製とすることを義務付けている(!)が、中国中央テレビを除く地方の大半のテレビ局でこの規定が守られていない。このため当局はより強硬な措置に踏み切ったらしい。

やっぱり、バカだ、この国。「なぜ中国の子供達が中国製のアニメを見ないのか」という本質的な問題を直視せず、競合相手である日本や米国製のアニメ放映を一方的に規制する。市場原理もマーケティングもあったもんじゃない。このような無意味な規制の果てに待ってるのは、関連グッズを含めた市場自体の崩壊である。東方日報も「9月開園予定の香港ディズニーランドの客足減少にもつながりかねない」と指摘している。

もう中国はこのまま、現行政府の「エセ資本主義的共産主義」で突っ走ってくれた方が良いんじゃないかな。そのうち、国民にも世界にも見放されて、もう一度革命が起こって、本当の民主主義国家が生まれると思う。自分たちの都合が悪い歴史や事実を塗り替え、それを国民に教育し、ちょっと国内が不安定になると隣国に喧嘩を吹っかけてうやむやにしようとする。どう考えてもまともに相手する国じゃない。

誰かが言ってたけど、こんな中国と仲良くする必要ないんじゃないか?昔の人はそれが分かっていたから長い間、国交を結ばなかった。近所でおかしなヤツがいたら、みんなで無視するでしょ。あれと同じ。人口が多いのが市場として魅力というなら、インドもあるし。変わりモンで偏屈の「中国じーさん」にこれ以上お付き合いするつもりはないよ。
| comments(3) | 中国チェック | by yabusho
さようなら、中国
この間の話だが、中国の副首相かなんかのオバハンが、小泉首相との会談をドタキャンして帰国した。

理由はどうやら、靖国神社に関する小泉首相の発言らしい。もう、いい加減にして欲しい。明らかに内政干渉で、他国の文化を踏みにじるものだ。今の日本のどこに、軍国主義があるというのか。A級戦犯であれ何であれ、亡くなった人を祀るのが日本の文化だ。「死者に鞭打つ」中国とはメンタリティが違いすぎる。

もう中国とつきあうのはやめようよ。政府内でも意見が出ているそうだが、同じ発展途上国で膨大な国民がいるインドの方がよっぽどマシなんじゃないの?もっとも、経験上、インド人は中国人以上に「商売上手」だから、ビジネス面では苦労すると思うけど。

少なくともインドは中国みたいに、ODAを死ぬほど受けといて感謝もせず、現政府(中華人民共和国)の暗黒面(文化大革命やチベット問題)をごまかすために、50年以上前の戦争を盾にとって国民をたきつけるようなことはしないだろう。さようなら、中国。
| comments(0) | 中国チェック | by yabusho
謝らない中国
反日デモで発生した被害に対して、中国政府は未だ謝罪しない。

「日本が悪いから謝らない」そうだ。これはとても危険な思想だ。「理由があれば暴力をふるって良い」ことになり、この延長線上に戦争がある。中国は日本が再び軍備を持ち、戦争を始めることを懸念しているようだが、それはそっくりそのまま中国にお返ししたい。

中国が法治国家である以上、日本大使館や日本企業、日本人に対しての暴力を未然に防ぐ義務があるし、もし罪を犯す者がいれば処罰しなければならない。これは国家間の最低限のルールだ。このルールを放棄するというなら、もはや中国は法治国家とは言えず、単なる「ならず者」国家になってしまう。

2008年には北京オリンピックがある。果たしてこのような状態で開催できるのか。日本政府は北朝鮮問題と同様、「話し合いで解決」と言っているようだが、もっと毅然とした態度をとって早期に解決してもらいたい。モスクワの時のように「オリンピックボイコット」なんて見たくない。
| comments(0) | 中国チェック | by yabusho
続・中国の反日デモ
昨日に続いてこの話題。

今朝の小倉さんの「とくダネ!」でもやってたけど、相変わらず中国はデモに関して責任はないといっているらしい。デモの当事者も電話インタビューで「理性的な行動だった」とほざいていた。その後ろでは大使館への投石や日本車をボコボコにする映像が…。

うーん、だんだん腹が立ってきた。一体、彼らが何に怒っているのかさっぱりわからない。第二次世界大戦の保障問題? おいおい、60年以上前の話だぜ。いつまでそれを引きずるんだ?戦争責任は東京裁判やサンフランシスコ講和条約で解決してるはずでしょ。日中国交正常化の時にも確認されてるし。怒るならそれで「良し」とした中国政府に怒れよ。

小泉総理の靖国参拝? 誰が何を拝もうが、自由。それが民主社会。内政干渉と個人の信教の自由の問題だ。日本が右傾化してナショナリズムが台頭してる? 冗談でしょ。映像見る限り中国のナショナリズムの方がよっぽど怖い。日本が戦争起こすなんて、まず、考えられない。それより台湾に向けたミサイルを何とかしろよ。

とにかく、今回のデモは中国政府が裏で動いているとしか思えない。積極的に介入してなくても、黙殺していれば同じことだ。こんな国になんで我々の税金を使ってODAやる必要があるのか。感謝もしないし、そもそもその事実を国民に知らせることもしていない。その金をスマトラ沖地震の被災者に送った方がよっぽどマシだ。個人として行動できることが思いつかないけど、一応言っておく。
「いくらおとなしい日本人でも、しまいには怒るでぇ!」
| comments(3) | 中国チェック | by yabusho
<< | 3/4PAGES | >>